投資一般

投資一般 投資一般
投資一般

Portfolio VisualizerのBacktest Portfolioで簡単にできるアセットアロケーションのバックテスト

今回は無料のポートフォリオ分析ツール・Portfolio VisualizerのBacktest Portfolioを紹介しました。Backtest Portfolioを使うことでプロ並のアセットアロケーションのバックテストを行うことができます。各自のポートフォリオのシミュレーションやストレステストを行う際の強力なツールです。
0
投資一般

株暴落でやるべきこと3つのこと&やるべきでないこと3つのこと

元NTTリーマン 6月11のNYダウが史上4番目の大暴落を記録しました。 ...
0
投資一般

無料分析ツールによる長期投資予想とアセットアロケーション分析【ファンドの海】

今回は「ファンドの海」が提供する長期投資予想・アセットアロケーション分析ツールを紹介しました。このツールを使えば自分の資産配分は効率的かどうかを簡単に試算することができます。ぜひ一度使ってみてください。
0
投資一般

【2020年6月】米国投資月例報告【投資額・含み損益】

今回は2020年6月5日時点の米国投資の運用状況をまとめました。コロナショックが一服したこともあり、相場はコロナショック前に戻りつつあります。おかげで保有銘柄すべてに含み益が発生ています。長期保有による資産形成を目指しているのでこのまま暖かく見守っていくつもりです。
2020.06.06 0
投資一般

SBIネオモバイル 証券(ネオモバ )の約定タイミングが1日3回に増加

ネオモバ はS株を買える証券会社です。資金力がない人でも手軽に投資に参加できるので、まさに庶民のための証券会社です。これまでの当日約定タイミングが2回しかなくやや使いづらい面はありましたが、このたびのシステム更新で約定タイミングが1回増えて3回になりました。利用者が増えているので、これからもさらに使いやすくなりそうです。
0
投資一般

単元未満株でつくる高配当日本株ポートフォリオ【2020年6月投資作戦】

5月の高配当日本株ポートフォリオの通算損益は+7.57%でした。今月も引き続き投資計画とおりの25万円を積立て投資します。追加と売却銘柄はなく、今の30名柄を継続運用します。
2020.06.05 0
投資一般

貸株で高配当日本株ポートフォリオの利回りを0.1%アップ【ネオモバ 出口戦略】

今回は貸株サービスについて紹介します。今ネオモバ 証券でS株を使ってポートフォリオを組んでいる場合、資産形成後により運用利回りを追求したいなら、貸株サービスのある証券会社を利用する手もあります。貸株金利は0.1%ほどですが、長期株を保有するつもりなら、貸株サービスの利用を検討するのもいいかもしれません。 貸株サービスで注意したいのは初期設定で、配当と株主優待も受けたいなら正しい設定をしておく必要があります。
0
投資一般

単元未満株でつくる高配当日本株ポートフォリオ【2020年5月投資作戦】

先月の私の高配当日本株ポートフォリオの通算損益は+0.45%でした。今月も引き続き投資計画とおりの40万円を積立て投資します。追加と売却銘柄はなく、今の30名柄を継続運用します。在宅ワークと製薬関連銘柄の株数を少し増やしてポートフォリオ全体のパフォーマンスを少し改善したいです。
2020.06.05 0
投資一般

SBIネオモバイル 証券(ネオモバ )のメリットと評判【高配当株ポートフォリオ作成にぴったり】

今回はSBIネオモバイル証券のメリットなどを紹介します。ネオモバ には様々な特徴はあるが、とくに単位未満株での投資とポイント投資ができる点は小額投資家にとってとても魅力的な証券会社です。私も実際にネオモバを使って、ハンドメイドの日本高配当株のポートフォリオを構築しています。1株からこまかく売買できるので、きめ細かなアレンジが柔軟にできるのはとてもいいです。また、ネオモバ にはいくつかの使いづらいところもあるが、今後のアップデートで改善できることを期待しています。
0
投資一般

【脱ハンコ!】令和時代の働き方を推進する在宅ワーク&電子認証関連6銘柄【印鑑はナンセンス】

今回は脱ハンコトレンドに関わる在宅ワーク推進&電子認証6名柄を紹介します。ここに来てコロナ感染騒動で旧来のルールと慣習が時代に合わなくなっていることが顕著となり、社会全体に新たな常識を受け入れるときが来ています。もはや逆戻りできないこのトレンドを後押しする在宅ワークと電子認証のソリューションを提供する会社を6社紹介します。いずれの会社のPERは通常よりも高くとなっているが、これはこの産業は今後も大きな発展を遂げる可能性が大きいことも意味しています。
0
投資一般

PER/PBR/ROE/ROAなど10指標で分かる割安株と優良株の目安

今回は株初心者向けに割安株と優良株を探すに使用する10個の株式指標を紹介しました。割安株の選定ではPERとPBR、優良株の選定ではROE、ROA、EPS、配当利回り、優待性向、営業利益、経常利益、自己資本比率の8個の指標を具体的な計算例と合わせて紹介しました。また、指標の一般的な目安も紹介したことで今後銘柄選びの一助となります。指標はあくまで参考情報で、これが絶対に割安株や優良株を探せる保証はありません。さまざまな要素で株の価値が決まり、しかもこれらの要素は時間とともに変化します。指標はもちろん大事ですが、投資先の会社をよく理解する方がもっと大事です。株主は会社のオーナーですから。
2020.04.28 0
投資一般

一律10万円給付で買う世帯種別おすすめ高配当株【新型コロナ対策】

政府は新型コロナウイルスに関する経済刺激策をようやく決定しました。内容は全国民一律10万円の給付です。給付金を生活余剰金として受け取れる方なら銀行に貯金せず、日本経済を刺激する意味で優良株に株式投資してほしいとおもっています。そこで、世帯の人数別におすすめできる優良株を厳選しました。いずれも財務状況が良好、かつ高配当の銘柄です。もし参考になれれば幸いです。
2020.05.17 0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました