【FIRE】アーリーリタイア後の税金・保険料について考える【早期退職】

富裕層&FIREへの道
トモコ
トモコ

アーリーリタイアしたら税金とか大変そう?

元NTTリーマン
元NTTリーマン

そうだね。一度は試算してみたかったので、やってみよう。

この記事では次のような疑問に対して答えていきたいとおもいます。

Questions
  • アーリーリタイア後の税金と保険料は何か?
  • アーリーリタイア後の税金と保険料の試算例を知りたい
スポンサーリンク

アーリーリタイア後の税金一覧

所得税

所得税とは

所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得(収入から控除と経費を除いた部分)に課する税金である。

所得の種類

所得には次のような10種類があります。

所得は、(所得)=(収入)ー(必要経費)の計算式から計算されます。収入とはいわゆる額面収入です。

  • 利子所得 ➡️ 公社債や預貯金の利子
  • 配当所得 ➡️ 株や投信などの配当金
  • 不動産所得 ➡️ 不動産などによる所得
  • 事業所得 ➡️ 個人事業、農業などによる所得
  • 給与所得 ➡️ サラリーマン所得
  • 退職所得 ➡️ 退職金所得
  • 山林所得 ➡️ 山林伐採などによる所得
  • 譲渡所得 ➡️ 固定資産売却による所得
  • 一時所得 ➡️ クイズ賞金や満期保険金などによる所得
  • 雑所得 ➡️ 公的年金、印税などによる所得

所得控除

所得税は所得に対して直接かかるのではなく、所得から所得控除を除いたあとの課税所得に課します。

課税所得の計算式は、(課税所得)=(所得)ー(所得控除)です。

所得控除にはたくさんの種類があります。詳細は国税庁のページにあります。

所得金額から差し引かれる金額(所得控除)|国税庁

所得税の計算方法

所得税の計算は、(所得税)=(課税所得)X(税率)ー(控除額)の式で計算されます。税率と控除額は課税所得の額に応じて以下の表のように変動します。

課税所得 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 427,500円
695万円超900万円以下 23% 636,000円
900万円超1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

復興税込みの所得税の計算方法

2037年まで所得税に復興特別所得税が加算されます。

復興税込みの所得税は以下の式で求められます。

(復興税込み所得税)=(所得税)X 1.0021

元NTTリーマン
元NTTリーマン

復興税の次はコロナ税、その次は南海トラフ税・・・

住民税

住民税とは

住民税は、都道府県民税と市町村民税の合計である。

住民税の計算方法

住民税は次のような計算式で算出されます。

(住民税)=(課税所得)X 0.1 +(標準均等割額)

標準均等割額は5,000円ですが、お住まいの自治体で若干変わります。

固定資産税

固定資産税とは

固定資産税は、毎年1月1日の時点で土地と建物を所有する者に課する税金である。

持ち家の場合、毎年固定資産税があります。

計算は土地と建物の標準価額、新築、床面積で変わります。次のページで分かりやすく紹介されています。

家の固定資産税はいくらかかる?算出方法や安く抑える方法も | お金のこと | 家を建てる | ナチュリエいえばなし | ナチュリエ
こんにちは。ナチュラル&スローな家「ナチュリエ」の三好です。 家を建てたら避けて通れないのが固定資産税。 固定資産税とは家や土地を所有している人が納めなくてはいけない税金です。 今回は家の固定資産税に...

国民年金保険料

固定資産税とは

国民年金保険とは、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する公的社会保証である。

国民年金保険料はほぼ毎年上昇しているのを知っていましたか?

国民年金保険料の変遷|日本年金機構

保険料の支払いですが、2年分を前払いすると15,840円の割引きとなります。割引率は約4%で、これは高配当日本株の配当利回りに相当します。この割引率なら2年分まとめ払いでもいいかもしれません。

振替方法 1回の納付額 割引額 2年分の割引額
2年前納 381,960円 15,840円 15,840円
1年前納 194,320円 4,160円 8,320円
6ヶ月前納 98,110円 1,130円 4,520円
当月末振替 16,490円 50円 1,200円
翌月末振替 16,540円 なし なし

健康保険料

アーリーリタイア後の健康保険は主に2つのパターンがあります。

1つ目は、務めていた会社の健康保険組合を継続して可能するパターンです。この場合、継続可能できるのは最大2年で、健康保険料は会社負担分も払わないといけません。

2つ目は、国民健康保険への加入です。国民健康保険の保険料は地方自治体でかなり差があるので、以下の試算サイトで見積もることができます。

国民健康保険計算機|全国の市区町村の国民健康保険料を自動計算できる
あなたの年齢と年収からお住まいの市区町村の国民健康保険料を自動計算します。
小まとめ

アーリーリタイア後も支払い続ける税と保険料は、

  • 所得税
  • 住民税
  • 固定資産税
  • 国民年金保険料
  • 健康保険料

それ以外自動車税やNHK税もあるが、私に関係がないので省略

スポンサーリンク

アーリーリタイア後に支払う税金額の試算

試算の前提条件

私が45歳でアーリーリタイアしたときに支払う年間税・保険料を試算してみます。

試算のざっくり条件は以下のとおりです。

    • 事業収入 100万円
    • 配当収入 300万円
    • パート収入 100万円
  • 子供2人(未成年)

試算結果

所得税 ➡️ 87,000円

元NTTリーマン
元NTTリーマン

まず私の分から計算します。

事業収入から差し引きできるものは次の2つです。

  • 経費 20万円
  • 青色申告控除 65万円

所得控除の内訳は次のようになり、合計は141万円

  • 基礎控除 48万円
  • 配偶者控除 38万円
  • 社会保険控除
    • 国民年金保険 19万円
    • 国民健康保険 36万円

このときの課税所得は、100-20-65+300-141=174万円です。

したがって、所得税は、174万円 X 0.05 = 87,000円になります。

トモコ
トモコ

私は給与所得が103万円以下なので所得税はなし!

住民税 ➡️ 176,000円

元NTTリーマン
元NTTリーマン

私の課税所得が171万円なので、住民税は

1,710,000 X 0.1 + 5,000 = 176,000円

トモコ
トモコ

私の給与所得が35万円なので、住民税は免除!

固定資産税 ➡️ 150,000円

毎年これぐらいでしょう。

国民年金保険料 ➡️ 380,000円

サラリーマンをやめると第2号被保険者から第1号被保険者になります。今まで扶養されていた配偶者は第3号被保険者だったが、同じく第1号被保険者になります。

つまり、今まで国民年金保険料が免除されていた配偶者も国民年金保険を支払う必要があります。

2年間分を前払いすると1人あたり19万円で、夫婦で年間38万円になります。

健康保険料 ➡️ 360,000円

国民健康保険を使って次のような試算を行った結果です。

税と保険料の合計 ➡️ 1,153,000円

アーリーリタイア後の世帯収入が500万なので、世帯の可処分所得は約385万円になります。

アーリーリタイア後も毎月10万円の積立投資を続けたいので、毎月の生活費は約22万円です。

毎月の生活費が22万円に積立10万は、私からすると合格レベルです。

合格と判断した理由①

⬇️現在の生活レベルを維持できるから

金融資産1億円の富裕層にいつ到達できるかをシミュレーションしてみた
我が家がいつ富裕層になれるかを試算してみました。投資成績には左右されるが、高い確率で4年後に1億円の富裕層になれそうです。富裕層は中短期なゴールで、現在の生活レベルを維持しながら運用利回り5%なら、1億円に達成した29年後に資産5億円の超富裕層も夢ではありません。

合格と判断した理由②

⬇️毎月10万の積立で超富裕層(資産5億円)を狙えるから

金融資産1億円の富裕層にいつ到達できるかをシミュレーションしてみた
我が家がいつ富裕層になれるかを試算してみました。投資成績には左右されるが、高い確率で4年後に1億円の富裕層になれそうです。富裕層は中短期なゴールで、現在の生活レベルを維持しながら運用利回り5%なら、1億円に達成した29年後に資産5億円の超富裕層も夢ではありません。

 

小まとめ
  • 税と保険料を考慮したアーリーリタイア後を考えてみた
  • 現在の生活レベルを維持できそう
  • ざっくり試算なのでもっと精度を高めたい
スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回はアーリーリタイア後の税金と保険料について紹介しました。アーリーリタイアしても税金と保険料を払わないといけないので、どんな種類、どのぐらいを払わなければいけないのかを我が家を例にシミュレーションをしてみました。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました