VTI(米国指数連動ETF)を今日からはじめる8つの理由

米国ETF
トモコ
トモコ

前回はSPYDのことを話してくれたが、そういえばSPYDの他にもう一つのETFを買ったよね?VTIだっけ?これも何か教えてほしい。

SPYD(米国高配当ETF)を今日からはじめる8つの理由
SPYDを買うメリット8つを紹介します。①配当利回りが他のETFより格段に高い②S&P500連動による値上がり益も期待できる③S&P500の80銘柄への分散投資④銘柄入れ替えの手間はいらない⑤経費率がとても低い⑥単位株の値段が低い⑦超優良運用会社が運用している⑧新型コロナショックで絶好の買い場
元NTTリーマン
元NTTリーマン

了解!SPYDは高配当ETFに対して、SPYDはインデックス(指数)連動型のETFだ。それぞれの目的がまったく異なるETFで、SPYDはがっつり配当金を狙うETFに対してVTIは配当金よりも株価上昇によるキャピタルゲインを狙うETFだよ。

さゆたん
さゆたん

ママー、バナナ食べていい?

この記事では、これからインデックス連動型ETFのVTIを資産ポートフォリオとして考えたい人向けに、VTIの基本情報、おすすめ理由およびデメリットについて解説します。

実際投資する前に、VTIと類似の金融商品(楽天VTI、VOO、VT)との違いも参考として把握したい人にも情報をまとめてあります。

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 VTIの特徴まとめ
  • S&P500以上の値上がり益が期待できる
  • 買付手数料が実質無料で買える
  • 経費率が脅威の0.03%
  • アメリカ3600銘柄への分散投資
  • 配当利回りもそこそこ期待できる
  • 超優良運用会社が運用している
  • 過去の実績が申し分がない
  • 為替リスクのヘッジになる
  • 単位株の値段が高い
  • 連動する指数が有名でない
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

VTIとは?

VTIの正式名称はバンガード・トータル・ストック・マーケットETFです。VTIは超巨大ファンド会社のバンガードによって運用されいてる大人気のインデックス連動型のETFです。

ベンチマークとなるインデックスは大正義S&P500ではなく、CRSP USトータル・マーケット・インデックスというあまり耳にしたことのないものを採用しています。この指数の概要は公式ページで確認することができます。

Nearly 4,000 constituents across mega, large, small and micro capitalizations, representing nearly 100% of the U.S. investable equity market, comprise the CRSP US Total Market Index. The total return index was first posted on the NASDAQ GIDSSM (Global Index Data ServiceSM) feed on December 31, 2012; the price return index was posted on January 18, 2011.

要するに、この指数というのはアメリカの4000銘柄から構成されて、さらに構成銘柄だけでアメリカ全体の時価総額のほぼ100%ですよ。という内容です。

すなわち、VTIだけでアメリカごとを買ったと同じことになります。S&P500の500銘柄と比べると約8倍の大きさです。アメリカ市場だけで考えれば、他のETFなくてもこれ1本だけでほぼ完璧な分散投資できるわけです。

VTIのざっくり概要はこんな感じで、次に組入銘柄とセクター種別について確認してみましょう。

VTIの組入銘柄と比率

VTIのトップ10の組入銘柄とその比率は以下のとおりです。最新のデータは公式ページで確認することができます。

SPYDのときと比べるとかなり知っている企業名も多いのではないかとおもいます。順位4番目のAlphabet Inc.はGoogleの持ち株会社の名前です。2番目から4番目までの4社は世界を席巻しているGAFAです。

VTIのセクター率

続いてセクターの種別と割合です。現時点の様子は以下のようになっています。

インデックスがベンチマークのETFなので、冒頭で出てきた例の指数との差はプラマイ0.1%以内に収まれています。アメリカを代表する2大セクターのテクノロジーと金融が大きなウェイトを占めています。

スポンサーリンク

VTIを今日からはじめる8つの理由

では、ここからVTIを資産ポートフォリオとして考えてもいい理由について紹介します。

おすすめ理由① S&P500以上の値上がり益が期待できる

VTI投資の第一の目的はやはり値上がりによるキャピタルゲインでしょう。次のチャートは、S&P500との過去実績の比較となります。

青がVTIで赤がS&P500です。このチャート比較で分かるように、過去においてS&P500よりも高いパフォーマンス実績を残しています。

このような高パフォーマンスとなっている理由は、大型株中心のS&P500に対して、VTIは成長余力がある小型株が比較的多く含まれているからです。

FacebookやGoogleは今となっては世界を代表する大企業ですが、スタートアップの頃はほぼ無名でした。すなわち、VTIの組入銘柄に明日のGoogleがあるので、うまく化けるとS&P500よりも高くなる可能性が大きいです。

おすすめ理由② 買付手数料が実質無料で買える

VTIを日本の証券会社から買う場合はなんと実質無料で購入することができます。公式ページのニュースリリースによれば、楽天、SBI証券、およびマネックス証券が該当です。少しでも安く購入するには、この3社を優先的に考えたいです。

ちなみに楽天証券の場合、通常の買付手数料は税込み0.495%です。例えば、10万円分のETFを購入したとき、買付手数料は495円です。積立て投資の場合、毎回の495円も馬鹿になりません。やはり手数料は1円でも安いことに越したことはありません。

注意したいのは、実質無料とは、買うときは証券会社規程の手数料をいったん取られるが、翌営業日以降に組み戻しされるということです。

おすすめ理由③ 経費率が脅威の0.03%

VTIの運用はバンガード社のプロにお任せしているわけで、当然毎年のように運用手数料を払わないといけません。VTIの運用手数料(経費率)はなんと脅威の0.03%です。

比較として前回の記事で紹介した高配当ETFの3名柄と比べてみましょう。

SPYD(米国高配当ETF)を今日からはじめる8つの理由
SPYDを買うメリット8つを紹介します。①配当利回りが他のETFより格段に高い②S&P500連動による値上がり益も期待できる③S&P500の80銘柄への分散投資④銘柄入れ替えの手間はいらない⑤経費率がとても低い⑥単位株の値段が低い⑦超優良運用会社が運用している⑧新型コロナショックで絶好の買い場
  • VTI 0.03%
  • SPYD 0.07%
  • HDV 0.08%
  • VYM 0.06%

100万円投資なら年間の運用手数料はわずか300円です。もうほぼ無料レベルといっても過言ではないです。長期投資の場合は複利の力が大きく働くので、わずかに見える手数料は20年、30年後には大きな差となります。

おすすめ理由④ アメリカ3600銘柄への分散投資

VTIのベンチマークはアメリカの5000銘柄でしたが、VTIの構成銘柄数は約3600です。VTIはベンチマークと同じ動きになるように調整されるので、S&P500よりも高いパフォーマンを期待できるに加え、3600銘柄への分散投資も同時に可能となります。

もしアメリカへ市場への分散投資をメインに考えているようなら、以上の理由で十分にVTI一択でも大丈夫と言えます。

どうしてもアメリカだけで不安なら新興国市場への投資もありますが、アメリカだけで世界の6割を占めるので、アメリカがだめなら世界の他国も道連れになる可能性が大きいです。

おすすめ理由⑤ 配当利回りもそこそこ期待できる

VTIはインデックス型のETFなので基本的に値上がりを期待するETF銘柄です。配当利回りに関して、さすがに高配当ETFには劣るが、それでも2%前後は期待できます

直近の配当金が下落したせいで1.8%になっています。最新の配当利回り率はDividendなどで確認してください。余談ですが、海外の投資情報もできるだけ見た方がいいので、英語ができれば情報網が確実に拡大します。ちなにに配当を英語でいうとDividendです。

同ページのDividend Payout History(配当金履歴)は以下のようになっています。

1株あたりの配当金は右肩上がりの傾向にあることが分かります。

そう考えると、VTIって実は買って放置すれば、買った当初の基準から見た配当利回りも結構おいしいかもしれません。もちろん未来もずっと増え続けるとは限りませんけど。

比較としてSPYDの過去の配当金実績は次のようになっています。増えたり減ったりでVTIのような右肩上がりの傾向はあまりないようです。

おすすめ理由⑥ 超優良運用会社が運用している

VTIの運用会社は超大手のバンガードです。アメリカの運用会社上位3社は、バンガードの他にブラックロックとステートストリートです。3社の運用総額がなんと1000兆円以上で、世界の時価総額の10%です。おそろしいですね。

おすすめ理由⑦ 過去の実績が申し分がない

VTIが設立されて以来のチャートを確認してみましょう。

2020年2月の新型コロナショックで大きく下落したが、長期スパンからみるとまだまだ上昇トレンドにあります。2008年頃の下げはリーマンショックによる影響で、その後はしっかり復活できています。

今後のアメリカ市場を期待するなら、リーマンショック級の暴落相場を見舞われても、いずれ投資した分以上のリターンを見込める可能性が大きいといえます。

おすすめ理由⑧ 為替リスクのヘッジになる

VTIに限らず他の全ての海外投資に言えることは為替リスクのヘッジになることです。日本人の大部分は円で銀行預金が普通ですが、日本経済の今後の見通しがあまりよくない現在において、全て円で資産を持つことはむしろリスクです。

円預金の一部をドルにしたり、海外株を買うことは、銀行預金の一点張り投資によるリスクを軽減できる可能性があります。

小まとめ
  • VTI投資の主な目的はキャピタルゲイン
  • 過去においてS&P500よりも高いパフォーマンス
  • 手数料がめちゃくちゃ安い
  • 配当金は増える傾向にある
スポンサーリンク

VTIのデメリット

もちろんVTIにもデメリットはあります。投資なので元本は保証されないのは当たり前なので、それ以外の2つのデメリットを紹介します。

デメリット① 単位株の値段が高い

VTIの単位株の値段は高い部類に入ります。他の代表的なETFと比較してみましょう。値段は2020年4月14日現在のものです。

  • VOO 260.04ドル
  • VTI 141.68ドル
  • HDV 79.39ドル
  • VYM 77.71ドル
  • VT 67.95ドル
  • SPYD 27.68

今のところ1株は約15,000円となっています。毎月少ない給料から1万円だけ投資したくても、2ヶ月貯金してやっと買える計算です。この点に関して高配当ETFと比べると投資的柔軟性が欠ける気がします。

デメリット② 連動する指数が有名でない

これはデメリットなのか分かりませんが、S&P500のような有名な指数ではないので、もしかしたら初めてVTI投資する人にとってはマイナスポイントになるかもしれません。

小まとめ
  • 単位株の値段が高めで手出しづらい
  • ベンチマーク指数がマイナー
スポンサーリンク

他の投資信託とETFとの違い

VTIの購入を検討するとき、似たような金融商品を目にすることがあります。それらの違いについて説明します。

楽天VTI(投資信託)との違い

実は、楽天証券から楽天VTIという投資信託を販売しています。VTIはETFですが、楽天VTIは投資信託です。何が違うのかを表にまとめたので比べてみてください。

VTI 楽天VTI
商品分類 ETF 投資信託
注文方法 成行、指値 成行
売買のタイミング リアルタイム 1日1回
売買の場所 証券会社 証券会社、銀行、郵便局など
買付手数料 0円より 0円
自動積立て 不可 可能
配当金の再投資 手動 自動
経費率(信託報酬) 0.03% 0.162%
為替手数料 25銭 なし

特に注意したいのは、VTIを売買するときに円とドルの交換が必要なので為替手数料が発生することと、楽天VTIの信託報酬の2点ですね。

100万円程度の運用なら正直どっちでも大した違いはありません。むしろ楽天VTIが自動的に積立てをしてくれるので、放置プレイでドルコスト平均法で運用できます。初心者ならVTIよりも楽天VTIでもいいと考えています。両方の投資先は同じVTIなのでETFパフォーマンスは同じです。

VOO(ETF)との違い

VTIはよくVOOと比較されます。VOOの方はS&P500をベンチマークとしたインデックス型ETFです。

VTI VOO
ベンチマーク CRSP US Total Market Index S&P500
設定時期 2001年5月 2010年9月
運用資産 1250億ドル 1280億ドル
構成銘柄数 約3600 約500
投資先 大型株中心だが中小型株も含む 大型株
経費率 0.03% 0.03%
配当利回り 1.79% 1.87%
増配連続年数 18年 5年

両者のチャート比較は以下のようになっています。

チャートの配当利回りもほぼ同じと分かります。

特記すべき点は、VTIの増配連続年数はなんと18年です。増配した分をこまめに再投資をし続ければVOOよりも高いトータルパフォーマンスになります。

VT(ETF)との違い

VTIはアメリカまるごと投資のETFでした。アメリカだけでなくアメリカを含む世界全体への投資をしたい場合はVTの方がいいでしょう。

VTの組入上位の国はこんな感じです。

両者のチャート比較です。VTよりVTIの方がパフォーマンスが高いです。

小まとめ
  • 初心者ならVTIより楽天VTIの方がおすすめ
  • VTIの増配連続は18年、VOOは5年
  • VTは全世界への分散投資
スポンサーリンク

VYMを買うにはどの証券会社がいいのか?

ETFや米国株を手数料無料で買えるDMM.com証券

DMM.com証券は唯一の常時手数料無料でETFや米国株を買える証券です。できるだけ安く始めるETFを開始したい方にDMM.com証券がおすすめです。

また、DMM.com証券の現物取引の手数料は国内の証券会社の中で最安値水準となっています。取引ツールにはノーマルモードと初心者向けのかんたんモードがあるので、パソコンやスマホでの操作になれていない方でも安心して使える仕様となっています。

⬇️DMM.com証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

総合評価で選ぶならSBI証券

SBI証券はネット証券の最大手で口座数も日本一となっています。オリコンランキングで5年連続で顧客満足度ランキング第1位を獲得しています。

ETFや米国株はもちろん現物株、投資信託、海外株、NISAなど豊富な商品ラインアップを揃っています。初心者だけでなく経験豊富な投資家まで広く指示されています。

VYMの買付手数料は0.45%ですが、他の有名9ETF銘柄の買付手数料が永久無料です。

⬇️SBI証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回はインデックス型ETFのVTIを紹介しました。過去の実績では、S&P500よりも高いパフォーマンスを誇り、さらに増配が18年も連続しています。値上がり益と配当の両方を狙える優良ETFです。今後のアメリカ市場に期待を込めたいなら外せない投資候補です。

では、最後にVTIのおさらいです。

  • S&P500以上の値上がり益が期待できる
  • 買付手数料が実質無料で買える
  • 経費率が脅威の0.03%
  • アメリカ3600銘柄への分散投資
  • 配当利回りもそこそこ期待できる
  • 超優良運用会社が運用している
  • 過去の実績が申し分がない
  • 為替リスクのヘッジになる
  • 単位株の値段が高い
  • 連動する指数が有名でない

記事の最後まで読んでいただいてありがとうございました。投資は余力資金で計画的に!

⬇️買付手数料無料でVTIを買える証券会社

⬇️口座開設後1ヶ月間手数料無料キャンペーン中

【DMM 株】口座開設

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました