無料分析ツールによる長期投資予想とアセットアロケーション分析【ファンドの海】

投資一般

本日は無料で使える長期投資予想とアセットアロケーション分析のツールを紹介します。

 ツールができること
  • 長期投資予想
  • アセットアロケーション分析
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

ファンドの海とは?

「ファンドの海」は投資信託を分かりやすく解説するブログです。「定期預金より有利に、株式よりもラクチンに、投資信託でゆっくりの資産運用」をフレーズに投資初心者に投資信託の魅力を紹介しています。投資信託の基本からアセットアロケーションの設計まで、各要点を完結にまとめているので、とても読みやすく、時間のない人でも効率よく理解できるはずです。ぜひ一度ご覧ください。

投信信託の他に、独自のツールも提供しており、今回は長期投資予想とアセットアロケーション分析のツールを紹介します。

投資信託のガイド|ファンドの海
投資信託ブロガーが、投資信託を全部ホンネで解説。ネットで一番役に立つ投資信託ガイドを目指して作りました。今後も追加更新していきます。
スポンサーリンク

長期投資予想とアセットアロケーション分析

①アセットアロケーションの入力

長期投資予想/アセットアロケーション分析 ~ 投資信託のガイド|ファンドの海
あなたの運用資産のリスクはどれくらいですか? 期待リターンはどれくらいですか?グラフで結果を分かりやすく表示します。

分析するにあたってまずアセットアロケーション(資産配分)を入力する必要があります。実際の配分でも目標とする配分でもいいので、次の例のように各資産クラスの投信金額、配分比率、期待リターンおよびリスクを設定します。

②運用資産の期待リターンとリスクの結果表示

①のパラメータにすべての値を入力したら自動的に次のような結果が表示されます。資産配分の円グラフ、ポートフォリオ全体の期待リターン、リスクが分かります。

③長期投資(積立投資)による運用結果の予想

①で構成した投資比率を維持しながら積立投資をした場合の結果も自動的に割り出してくれます。ここでの入力値は毎月の積立額だけです。

この試算のすごいところは単純な複利計算ではなく、正規分布をもちいた様々な可能性も結果として表示いてくれています。とくに元本割れの確率も教えてくれるので、この確率を低減できるようなアセットアロケーションを組むことが大事です。

④アセットアロケーション分析

①で設定したアセットアロケーションを元に効率的フロンテイア曲線を表示してくれます。ここでいう効率とは、リスクあたりのリターンの度合いです。自分のアセットアロケーション(赤点)をできるだけ青点集合の上辺(効率的フロンテイア曲線)に近づけるようにしたいです。

スポンサーリンク

投資信託を買えるおすすめ証券会社

SBI証券 ー総合評価No.1ー

SBI証券はネット証券の最大手で口座数も日本一となっています。オリコンランキングで5年連続で顧客満足度ランキング第1位を獲得しています。

現物株だけでなく、投資信託、海外株、IPO、NISAなど豊富な商品ラインアップを揃っています。初心者だけでなく経験豊富な投資家まで広く指示されています。

⬇️SBI証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

松井証券 ー1日約定が50万円以下なら手数料無料ー

松井証券なら1日の約定金額が50万円以下なら手数料が無料です。小額からはじめる初心者にはとてもうれしい無料サービスです。

初心者向けに株取引の仕組みやパソコン操作などの細かいことに対して電話でサポートしています。

⬇️松井証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

楽天証券 ー使いやすさNo.1の大手ネット証券ー

楽天証券はSBI証券と並ぶ国内の大手ネット証券です。操作画面の使いやすさに定評があります。また、株式売買のマーケットスピードは洗練されたトレーディングツールで昔からの愛用者が多いです。

楽天経済圏の人なら楽天証券を利用することで、SPUのアップだけでなく、ポイント投資や投資によるポイント獲得もできます。

⬇️楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

楽天証券

スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回は「ファンドの海」が提供する長期投資予想・アセットアロケーション分析ツールを紹介しました。このツールを使えば自分の資産配分は効率的かどうかを簡単に試算することができます。ぜひ一度使ってみてください。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました