【脱ハンコ!】令和時代の働き方を推進する在宅ワーク&電子認証関連6銘柄【印鑑はナンセンス】

投資一般
トモコ
トモコ

コロナ感染が蔓延しているのにハンコを押すため出社しないといけない人もいるみたいね。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

古い時代のシステムが歪な形で顕になった典型的な例ですね。

トモコ
トモコ

ニュースで財団連会長が「ハンコはナンセンス」というコメント出てるね

元NTTリーマン
元NTTリーマン

システムやハンコ文化は一朝一夕でがらっと変わらないが明るい兆しなのは間違いのないこと。そこで、今後の電子認証の復旧を睨み、関連6名柄を紹介しよう。Let’s 脱・ハンコ!

スポンサーリンク

令和時代の在宅ワークは電子認証の普及は不可欠

在宅ワークの普及とハンコ文化の弊害

新型コロナの感染拡大にともない在宅ワークを実施する会社もだいぶ増えました。在宅ワークのための整備(パソコン、VPN回線、teamsなどのミーティングツール)といったハード面は急ピッチで整ってきました。これに対してソフト面、つまり会社の制度しかり慣習などではまだまだ新時代の働き方に追いついていません。

会社の書類にハンコを押すだけのために出社する、なんて冗談のような本当の話も多いようです。既定路線の踏襲が大好きな国民性もいきすぎると本当の命取りになるかもしれません。

奇しくも今回のコロナ感染でわれわれにハンコの必要性を真剣に考えさせらました。ハンコはなくても社会は通常通りに回ります。ハンコをなくしていち早く社会全体で電子認証システムを取り入れてコスト削減と業務効率化を進めましょう!とくに役所と銀行!

脱ハンコで電子認証時代のはじまり

さすがに今回の事態を受け、日本経団連会長をはじめ何人かの社会的影響力のある方が「脱ハンコ」のコメントや声明を出しています。それらを紹介しておきます。これを機に働き改革の一環としていち早く電子認証システムを社会のデファクトスタンダードにしてもらいたいです。

経団連会長「ハンコ文化はナンセンス」

経団連会長、ハンコ文化「ナンセンス」
経団連の中西宏明会長は27日の記者会見で、日本企業に残る押印の慣行を巡り「ハンコ(に頼る文化)はまったくナンセンスだと思う」と語った。政府は新型コロナウイルスの感染を防ぐため、人と人との接触を8割削

竹本IT相「できるだけ省いた方がいい」

ハンコ「できるだけ省いた方が」 議連会長の竹本IT相:朝日新聞デジタル
 ハンコ文化が在宅勤務(テレワーク)の壁になっている問題で、これまで業界寄りの発言をしていた竹本直一IT相が態度を変えた。24日の閣議後会見で「ハンコのために会社に行くと公共交通機関の中で密の状態が発…

河野防衛大臣「果たしてハンコが必要なのか」

「果たしてハンコが必要なのか」河野大臣が防衛省でやろうとしていることに賞賛の声!
【動画はこちら】河野防衛大臣が、「果たしてハンコが必要なのか」と防衛省が率先して脱ハンコを目指すと強調し話題になっています。ハンコは日本の文化ではありますが、この状況の中、わざわざハンコを押すために出社しなければならない社員がいるなど、そ…

GMO熊谷会長「決めました。GMOは印鑑を廃止します。」

GMO熊谷会長に聞く「印鑑廃止宣言」の覚悟
4月15日にツイッターで「印鑑廃止」を宣言したGMOインターネットの熊谷正寿会長兼社長。グループ100社に押印の状況をすぐさま棚卸しさせ、2日後に会社として正式に印鑑廃止を明言した。テレワークが進まない原因の1つとされる日本の印鑑文化。電子署名に対応しない取引先には「取引をお断りする」覚悟で臨むという。

社会がいい方向へ転換するような素晴らしいコメントが多く出てきています。願わくは、コロナが収束後は元の鞘に戻らないようにお願いしたいところです。

スポンサーリンク

働き方改革を推進する在宅ワーク&電子認証関連6名柄

脱ハンコで電子認証システムの普及が不可避になっています。今後電子認証の関連企業も今まで以上に注目を集めることでしょう。そこで今回は電子認証関連6名柄を紹介します。なお財務指標に関する詳細な説明は次の記事を参照しながらご覧ください。

PER/PBR/ROE/ROAなど10指標で分かる割安株と優良株の目安
今回は株初心者向けに割安株と優良株を探すに使用する10個の株式指標を紹介しました。割安株の選定ではPERとPBR、優良株の選定ではROE、ROA、EPS、配当利回り、優待性向、営業利益、経常利益、自己資本比率の8個の指標を具体的な計算例と合わせて紹介しました。また、指標の一般的な目安も紹介したことで今後銘柄選びの一助となります。指標はあくまで参考情報で、これが絶対に割安株や優良株を探せる保証はありません。さまざまな要素で株の価値が決まり、しかもこれらの要素は時間とともに変化します。指標はもちろん大事ですが、投資先の会社をよく理解する方がもっと大事です。株主は会社のオーナーですから。

【3040】ソリトンシステムズ

株式会社ソリトンシステムズ | Soliton
ソリトンシステムズはオリジナルのセキュリティ製品をはじめ、コンテンツ配信サービスなど、様々な製品・サービスをご提供しております。
総評 テレワークとインターネットセキュリティなどの製品開発・販売の他に5Gや映像ビジネスなどもある。

PERとPBRは高めだが今後さらなる成長を期待できる数字である。ROE、ROA、自己資本比率から見て財務健全である。

PER 44.3倍
PBR 4.07倍
ROE 10.54%
ROA 4.86%
配当利回り 0.71%
自己資本比率 46.4%
1年チャート

【3788】GMOクラウド

GMOクラウド株式会社
GMOクラウド株式会社の企業情報サイトです。
総評 IoT、クラウドホスティング、セキュリティが主な事業柱である。株価がコロナショック前よりも上回った。
PER 32.1倍
PBR 11.25倍
ROE 17.59%
ROA 11.25%
配当利回り 1.48%
自己資本比率 50.0%
1年チャート

【4395】アクリート

SMS送信サービスならSMS配信数国内最大規模のアクリート
SMS送信なら日本におけるSMS配信のパイオニア、アクリート。到達率 99%以上、SLA 99%以上!様々なビジネスでの活用事例を基に、SMS導入検討から運用まで全面サポートいたします。ドコモ,au,ソフトバンク直接接続。全キャリア対応。
総評 SMS配信のリーディングカンパニー、IVR認証も手掛ける。ROEとROAが高く、さらに自己資本比率が脅威の80%超である。
PER 30.4倍
PBR 14.93倍
ROE 18.42%
ROA 14.93%
配当利回り 1.01%
自己資本比率 82.2%
1年チャート

【9449】GMOインターネット

GMOインターネット株式会社
GMOインターネットグループは、インターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開し、日本のインターネットを支える総合インターネットグループです。「すべての人にインターネット」を合言葉に、お客様の笑顔と感動を創造することを目指しています。
総評 傘下に9つの上場企業をもつインターネットインフラとメディア事業の会社。財務健全を示す数値が悪いので気になるところ。
PER 25.9倍
PBR 5.07倍
ROE 15.7%
ROA 1.03%
配当利回り 1.24%
自己資本比率 6.2%
1年チャート

【9735】セコム

防犯対策やセキュリティ、警備ならセコム株式会社
セキュリティのことならセコム。防犯、防災商品からご自宅のセキュリティ、法人向けの警備や情報セキュリティまで幅広いサービスをご用意しています。ホームセキュリティや防犯対策、警備のサポートをお探しの方は、ぜひ、セコムへ。
総評 テレワーク、情報セキュリティ、災害対策にも手掛けている。株の割安感と財務健全性の両方が見ていて安心レベルである。
PER 24.0倍
PBR 1.95倍
ROE 9.44%
ROA 5.28%
配当利回り 1.86%
自己資本比率 56.4%
1年チャート

【9758】ジャパンシステム

ジャパンシステム株式会社
ジャパンシステム株式会社の公式ページです。セキュリティーソリューション「ARCACLAVIS(アルカクラヴィス)」や自治体向け行政経営支援システム「FAST」などを紹介しています。
総評 インターネット分離、ファイル無害化などの在宅ワーク支援ソリューションメニューが豊富。株価のいずれの指標もすばらしいの一言。コロナ前の高値トライに期待。
PER 20.2倍
PBR 1.80倍
ROE 10.11%
ROA 7.83%
配当利回り 1.48%
自己資本比率 76.3%
1年チャート
スポンサーリンク

おすすめ証券会社

小額・単位未満株を買うならSBIネオモバイル 証券

通常、株は100株や1000株単位で売買取引されます。株価が1,000円であっても、100株単位のときは、最低10万円を用意しないと買うことができません。

しかし、SBIネオモバイル 証券の口座なら、単位未満株(S株)を購入することができます。小額投資ができるだけでなく、限られた金額で細かなポートフォリオを組むことも可能です。

⬇️SBIネオモバイル 証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️SBIネオモバイル証券

手数料最安値水準で国内現物株を買うならDMM.com証券

株取引初心者なら最初は現物取引からはじめる方がほとんどです。DMM.com証券の現物取引の手数料は国内の証券会社の中で最安値水準となっています。

取引ツールにはノーマルモードと初心者向けのかんたんモードがあるので、パソコンやスマホでの操作になれていない方でも安心して使える仕様となっています。

⬇️DMM.com証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

口座数最大のネット証券で選ぶならSBI証券

SBI証券はネット証券の最大手で口座数も日本一となっています。オリコンランキングで5年連続で顧客満足度ランキング第1位を獲得しています。

現物株だけでなく、投資信託、海外株、IPO、NISAなど豊富な商品ラインアップを揃っています。初心者だけでなく経験豊富な投資家まで広く指示されています。

⬇️SBI証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

1日約定が50万円以下なら手数料無料の松井証券

松井証券なら1日の約定金額が50万円以下なら手数料が無料です。小額からはじめる初心者にはとてもうれしい無料サービスです。

初心者向けに株取引の仕組みやパソコン操作などの細かいことに対して電話でサポートしています。

⬇️松井証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回は脱ハンコトレンドに関わる在宅ワーク推進&電子認証6名柄を紹介しました。ここに来てコロナ感染騒動で旧来のルールと慣習が時代に合わなくなっていることが顕著となり、社会全体に新たな常識を受け入れるときが来ています。

もはや逆戻りできないこのトレンドを後押しする在宅ワークと電子認証のソリューションを提供する会社を6社紹介しました。いずれの会社のPERは通常よりも高くとなっているが、これはこの産業は今後も大きな発展を遂げる可能性が大きいことも意味しています。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました