SBIネオモバイル 証券(ネオモバ )の約定タイミングが1日3回に増加

投資一般
トモコ
トモコ

ネオモバ がさらに使いやくなったの?

元NTTリーマン
元NTTリーマン

そう、これまでは1日2回の当日約定タイミングだったが、1回増えて1日3回になった。

この記事では次のような疑問に対して答えていきたいとおもいます。

Questions
  • ネオモバ 証券はどんな証券会社?
  • 新しくなった当日約定タイミングを知りたい

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 ポイント
  • ネオモバ は単元未満株(S株)を買える証券会社
  • 当日約定タイミングは従来の1日2回から3回に増加
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

ネオモバ はどんな証券会社?

ネオモバ では他のネット証券にはない特徴的なサービスをいろいろ提供しています。代表的なものは、単位未満株の購入とポイント投資です。これらのサービスの性質から、多くの小額個人投資家に支持されています。

その他にもユニークなサービスもあるので、それらの詳細とメリットについて解説します。

単位未満株(S株)の購入が可能

通常株を買う場合、株単位で購入します

例としてNTT株で説明します。現時点のNTT株は2,522円です。しかし一般的な証券会社で2,522円を出してNTTの1株を買うことができません。なぜなら、日本には単位株という考えがあって、最低単位株数を買わないと売ってもらえません。

NTT株の株単位は100です。したがって、最低252,200円がないとNTT株を買えません。

ネオモバ なら株単位ではなく1株から購入することができます。このような株単位に満たない株数を単位未満株(S株)と呼ばれます。

S株を購入できることは、個人投資家にとって株式投資のハードルを限りなく下げたことになります。つまり、ネオモバを数百円程度があれば、誰でも株主になれるというわけです。

月50万円までの売買手数料はほぼ無料

ネオモバ の取引手数料は毎月の約定金合計に応じて変わります。手数料の詳細は次のように、月50万円の約定金合計なら税込みで220円です。しかし利用者に対して毎月Tポイント200ポイントを付与するので、手数料は実質20円が最安値となります。

小額投資をする個人投資家なら1ヶ月の売買約定合計が50万円を超えることはまれなのでえ、多くの利用者は実質月20円でネオモバ を利用することができます

Tポイント投資が可能

ネオモバではお金だけでなくTポイントを用いたポイント投資をすることもできます。ポイント投資では1ポイントが1円と同じように扱うことができます。今まで端数で余っていたTポイントの使い道に困っていた方なら、ネオモバ でお金と同じ感覚で投資することができます。

株の自動定期買付が可能

投資の王道は長期積立です。長期間にわたって毎月一定額を投資し続けることにより、株価の値動きに左右されにくい資産運用ができます。

金融庁の金融審査会の資産では、現役世代は老後に2,000万円が不足すると資産しています。2,000万円が正しい数字かは別として、年金の不足分は自己防衛でなんとかしないといけないのは明白です。

毎月の積立で定年65歳時点で2,000万円を用意するシナリオを1つ考えてみましょう。

シナリオの条件は以下のとおりです。

  • 22歳から積立を開始する
  • 65歳に2,000万円の積立が最終目標
  • 運用利回りは4%

22歳から毎月15,000円程度をコツコツと積み立てれば65歳の定年時には2,000万円の老後資金をつくることができます。

ちなみに14,592円を投資ではなく銀行預金でためた場合は、65歳で750万円しかなりません。

ネオモバに関する詳細は以下の過去記事で確認することができます。

SBIネオモバイル 証券(ネオモバ )のメリットと評判【高配当株ポートフォリオ作成にぴったり】
今回はSBIネオモバイル証券のメリットなどを紹介します。ネオモバ には様々な特徴はあるが、とくに単位未満株での投資とポイント投資ができる点は小額投資家にとってとても魅力的な証券会社です。私も実際にネオモバを使って、ハンドメイドの日本高配当株のポートフォリオを構築しています。1株からこまかく売買できるので、きめ細かなアレンジが柔軟にできるのはとてもいいです。また、ネオモバ にはいくつかの使いづらいところもあるが、今後のアップデートで改善できることを期待しています。
小まとめ
  • ネオモバ なら1株から株主になれる
  • ネオモバ なら実質20円からの利用できる
  • ネオモバ なら余ったTポイントで投資できる
  • 自動定期買付、IPO、FXなどのサービスもある
スポンサーリンク

ネオモバ の当日約定タイミングが3回に増加

これまでの約定ルールでは、当日0時から10時半までの発注でしか当日約定しかありませんでした。このたびのシステムの更新で従来の当日2回の約定タイミング回数を3回になり、利便性が高くなりました。

変更ポイント

変更ポイントは以下の3つです。

  • 当日約定タイミングが2回から3回に増加
  • 当日の朝 7:00 までの発注で、当日前場始値で約定
  • 当日 10:30~13:30 の発注でも、当日後場終値で約定

変更前後の比較

上の図は変更前後の比較です。

例えば、変更後では、12時に新規発注を出した場合の約定タイミングは当日後場の終値となります。これが変更前ですと、翌営業日の前場始値となっていました。

小まとめ
  • 当日の約定タイミングが2回から3回に増えた
スポンサーリンク

おすすめの証券会社

SBIネオモバイル 証券 ー小額・単位未満株を買えるー

通常、株は100株や1000株単位で売買取引されます。株価が1,000円であっても、100株単位のときは、最低10万円を用意しないと買うことができません。

しかし、SBIネオモバイル 証券の口座なら、単位未満株(S株)を購入することができます。小額投資ができるだけでなく、限られた金額で細かなポートフォリオを組むことも可能です。

⬇️SBIネオモバイル 証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️SBIネオモバイル証券

DMM.com証券 ーETFや米国株の手数料が無料ー

株取引初心者なら最初は現物取引からはじめる方がほとんどです。DMM.com証券の現物取引の手数料は国内の証券会社の中で最安値水準となっています。

取引ツールにはノーマルモードと初心者向けのかんたんモードがあるので、パソコンやスマホでの操作になれていない方でも安心して使える仕様となっています。

⬇️DMM.com証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

SBI証券 ー総合評価No.1ー

SBI証券はネット証券の最大手で口座数も日本一となっています。オリコンランキングで5年連続で顧客満足度ランキング第1位を獲得しています。

現物株だけでなく、投資信託、海外株、IPO、NISAなど豊富な商品ラインアップを揃っています。初心者だけでなく経験豊富な投資家まで広く指示されています。

⬇️SBI証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

松井証券 ー1日約定が50万円以下なら手数料無料ー

松井証券なら1日の約定金額が50万円以下なら手数料が無料です。小額からはじめる初心者にはとてもうれしい無料サービスです。

初心者向けに株取引の仕組みやパソコン操作などの細かいことに対して電話でサポートしています。

⬇️松井証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

楽天証券 ー使いやすさNo.1の大手ネット証券ー

楽天証券はSBI証券と並ぶ国内の大手ネット証券です。操作画面の使いやすさに定評があります。また、株式売買のマーケットスピードは洗練されたトレーディングツールで昔からの愛用者が多いです。

楽天経済圏の人なら楽天証券を利用することで、SPUのアップだけでなく、ポイント投資や投資によるポイント獲得もできます。

⬇️楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

楽天証券

スポンサーリンク

本記事のまとめ

ネオモバ はS株を買える証券会社です。資金力がない人でも手軽に投資に参加できるので、まさに庶民のための証券会社です。

これまでの当日約定タイミングが2回しかなくやや使いづらい面はありましたが、このたびのシステム更新で約定タイミングが1回増えて3回になりました。利用者が増えているので、これからもさらに使いやすくなりそうです。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました