ハイリスク承知でNYダウ・トリプル・レバレッジで大きく狙おう!【3倍レバレッジ投資信託】

投資信託
トモコ
トモコ

レバレッジの投資信託商品ってある?

元NTTリーマン
元NTTリーマン

いっぱいあるよ。最近ダウ指数のレバレッジ投資信託も発売された。こおれはトリプルレバレッジだからベンチマークの3倍の振り幅になる。刺激がほしい方に最適かも?

この記事では次のような疑問に対して答えていきたいとおもいます。

Questions
  • ダウ指数のレバレッジ投資信託はあるか?
  • NYダウ・トリプル・レバレッジはどんな投資信託か?

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 ポイント
  • NYダウ・トリプル・レバレッジはダウ指数の3倍の値動きを目指すレバレッジ投資信託
  • レバレッジ商品の値動きにクセがあるので予め理解すること
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

NYダウ・トリプル・レバレッジ(3σ)

ファンドプロフィール

NYダウ・トリプル・レバレッジ(愛称3σ)は2020年3末に新しく設定された投資信託です。このファンドの目的はファンド名からも分かるようにダウ平均の3倍ボラティリティをめざすハイリスク・ハイリターンの商品です。

日々の基準価額の値動きがダウ・ジョーンズ工業株価平均(米ドルベース)の値動きの3倍程度となることをめざします。

では、3σのファンドプロフィールをみてみましょう。

愛称
正式名称 NYダウ・トリプル・レバレッジ
運用会社 大和アセットマネジメント
設定日 2020年3月30日
連動ベンチマーク指数 ダウ・ジョーンズ工業株価平均(米ドルベース)
組入銘柄数 30
買付手数料 無料(楽天証券)
信託報酬 1.1%
過去10年の年平均トータルリターン 8.5%(ベンチマーク指数)
為替ヘッジ あり
投資形態 ファミリーファンド

ファンドの特徴と仕組み

3σファンドの特徴について、交付目論見書には次のように書かれています。

株式の組入総額と株価指数先物取引の買建玉の時価総額の合計額が、 1 原則として信託財産の純資産総額の3倍程度になるように調整します。

つまり、ファンドの純資産総額の3倍の株を買うことで、3倍レバレッジとなっているわけです。ダウが100ドル上昇すれば300ドル設けることができ、逆にダウが100ドル下がれば300ドル損することになります。

次に3σファンドの仕組みです。3σはダイワ・マネーポートフォリオ・マザーファンドのベビーファンドです。実際の運用はマザーファンドで行います。

組入銘柄と比率

3σのベンチマークはダウ平均です。

ダウ平均(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)はS&P500やナスダックと並ぶ有名な米国株価指数です。ダウの組入銘柄は30銘柄と少ないが、いずれの銘柄も米国を代表する優良銘柄です。

30銘柄の詳細と比率は次のようになっっています。

基準価額の値動きについて

3σはレバレッジ商品なので値動きには少しクセがあります。

例えば、ベンチマークが翌日に10%下落して、翌々日に10%上昇したときの結果は次のようになります。ベンチマークの翌々日は-1%になるに対して3σは-9%となります。レバレッジの性質上こうなることを予め理解しておく必要があります。

逆のパターン(翌日+10%、翌々日-10%)なら、ベンチマークが+1%に対して3σは+9%となります。つまり、当たり前ですが上昇トレンドではベンチマークよりも大きくリターンをとれるが、下降トレンドでは大きく負けてしまいます。

長期スパンで見るとダウは上昇トレンドなので、確率的に大きく勝てるのではないかと考えています。

スポンサーリンク

NYダウ・トリプル・レバレッジを買える証券会社

2020年5月現在、NYダウ・トリプル・レバレッジを買えるのは楽天証券のみです。

楽天証券

楽天証券はSBI証券と並ぶ国内の大手ネット証券です。操作画面の使いやすさに定評があります。また、株式売買のマーケットスピードは洗練されたトレーディングツールで昔からの愛用者が多いです。

楽天経済圏の人なら楽天証券を利用することで、SPUのアップだけでなく、ポイント投資や投資によるポイント獲得もできます。

⬇️楽天証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

楽天証券

スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回はNYダウ・トリプル・レバレッジ(3σ)を紹介しました。3σはベンチマークとなるダウ平均の3倍の値動きをする投資信託です。ハイリスク・ハイリターンの商品であるため投資するにあたって十分に注意する必要があります。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました