【JT】2020年も高配当株として買っていいのか?【日本たばこ産業・2914】

日本株
トモコ
トモコ

これから景気が悪くなるみたいで、ママ友サークルでも老後資金の問題が話題になっているよ。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

たしかにね。減り続ける給料に社会保障の問題も徐々に深刻になっているね。個人で資産運用を回さないといけないご時世になってきた。

トモコ
トモコ

銀行にお金を預かってもまったく増えないから、まわりのご家庭で株や投資信託を買い出す人も増えているみたいよ。株でいうとJTがよさそうみたいけど?

元NTTリーマン
元NTTリーマン

JTはたしかに高配当株として人気だ。最近のコロナショックで下落したこともあり配当利回り8%近くになっている。お買い得感は否めない。

さゆたん
さゆたん

お買い得なら買ったほうがいいってママが言ってたよ!この前ねぇ、西友で100円のパンが80円になってたから、ママがお買い得って言ってたよ!

元NTTリーマン
元NTTリーマン

はは、お買い得には必ずわけもあるからね。では、今日はJTについて本当にお得なのかについて様々な意見から検証してみよう。

この記事は、これから資産形成のため高配当JT株を考えている人のための内容です。実際に買うかどうかは最終的に個人の判断に委ねられますが、判断の材料として本ブログを最後まで見ていただけるとうれしいです。個人の判断はいろいろなので、もしよければあなたの意見もコメント欄に残してもらえるとうれしいです。

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 ポイント
  • JT株を買うべき5つの理由を解説する
  • JT株を買わべきでない5つの理由を解説する
  • 私個人の意見は、「条件付きで買うべき」
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

JTとはどんな会社か?

JT(日本たばこ産業)は言わずとも知れたタバコの会社で、たばこ事業法により日本で唯一たばこを販売できる会社です。元々は公社(国の会社)だったが、1980年代に3公社(日本専売公社、日本国有鉄道、日本電信電話公社)の民営化にともない今の日本たばこ産業になりました。

近年の禁煙ブームで国内の喫煙率は下がり続け、活路を求めるため海外M&Aを繰り返し、今や世界シェア第4位のタバコ会社に成長しています。しかし、数々の多角化経営の撤廃や電子タバコの出遅れであまり明るくない一面もあります。

JT株に関して、16期連続増配と高配当率のおかげで配当株としての人気がとても高いです。最近では、16期連続増配も止まり、配当性向(配当金の純利益を占める割合)が9割になる見込みとなっています。長期的な株価の下落と減配リスクをはらんでいて、今後も配当株として買い続けるかどうかが非常に悩ましいと感じる投資家が多いようです。

それでは、JT株を買うかどうかの賛否両論について見てみましょう。

スポンサーリンク

JT株を買うべき5つの理由

まずJT株を買うべき理由を5つ紹介します。

高配当利回り率と株主優待はやはり無視できない

おそらくJTに投資する大部分の人は高い配当利回りが目当てではないでしょうか。最近のコロナショックで一時的に8%まで配当利回りが上昇しました。年間8%なので、複利で計算すると10年後に投資した額が10倍になる計算です。実際、いろんな要素があってそううまくはいかないが、配当率8%というのはそれほど驚愕的な利回りといえます。

以下はJTの公式ページのデータで、2012年度よりずっと増配していることが分かります。

直近の配当金予想は154円で、減配とはなりませんが増配は16期連続で止まりそうです。また、配当性向が9割近くになることも注意するポイントです。

JTの高配当率に目を奪われがちですが、株主優待も悪くありません。

100株を1年間以上保有が条件ですが、100株で2500円相当のご飯やカップ麺などの食料品をもらうことができます。下の2コース意外にも株数に応じて別にCとDコースもあります。

現在のJT株価は2000円ぐらいなので、株主優待利回りは1.25%です。配当利回りを合わせるとなんと9%も超えます

営業利益率が高い

投資判断の重要材料の1つは営業利益率ですが、JTはとても高いです。

MEMO

営業利益とは、会社が本業で稼いだ利益のことをいう。

営業利益 = 売上高 – 売上原価 – 販売費及び一般管理費

営業利益率 = 営業利益 / 売上高

一般的に営業利益率が10%を超えるとなかなかの優良企業とされていて、JTの場合は常に20%以上をキープしています。

高い営業利益率を維持できている理由は、専売とタバコの強い嗜好性にあると言われています。法律で国内でたばこを販売してもいいのはJTのみで、すなわち価格の競争は存在しません。これに加え、タバコは強い嗜好性を伴っているため、多少の値上げでも吸い続ける人も多くいます。

政府がタバコの増税を10円や20円単位で少しずつ刻むように行っているのは、対象の値上げでも吸い続ける喫煙者の習性をうまく利用して、喫煙者を生かさず殺さずで税金を吸い上げるためです。

喫煙者の減りが加速しているので、今後は営業利益率が20%を割り込む可能性もあるが、それでもしばらくは10%を下回ることはなさそうです。

ファンダメンタルズ的に割安である

近年、ESG投資ブーム(後ほど説明)でJT限らず国内外のたばこ関連株は業績と関係なく売られる傾向にあり、売られすぎて割安となっているとも言われています。

では、いくつかの投資指標を使いJTが割安であることを確かめてみましょう

PER(株価収益倍率)が11.5倍、10倍程度なら割安株とされています。

PBR(株価純資産倍率)が1.32倍、1倍前後なので割安株といえます。

ROA(純資産利益率)が6.3%、5%以上なら優良株なので合格です。

ROE(株主資本利益率)が13.16%、10%以上なら優良株なのでこれも合格です。

以上の財務的な指数だけ見たらJTは文句のない超お買い得優良株です。

⬇️ 銘柄選定の指標を詳しく解説!

PER/PBR/ROE/ROAなど10指標で分かる割安株と優良株の目安
今回は株初心者向けに割安株と優良株を探すに使用する10個の株式指標を紹介しました。割安株の選定ではPERとPBR、優良株の選定ではROE、ROA、EPS、配当利回り、優待性向、営業利益、経常利益、自己資本比率の8個の指標を具体的な計算例と合わせて紹介しました。また、指標の一般的な目安も紹介したことで今後銘柄選びの一助となります。指標はあくまで参考情報で、これが絶対に割安株や優良株を探せる保証はありません。さまざまな要素で株の価値が決まり、しかもこれらの要素は時間とともに変化します。指標はもちろん大事ですが、投資先の会社をよく理解する方がもっと大事です。株主は会社のオーナーですから。

M&Aで世界第4位のタバコ会社に成長

縮小する日本国内市場に対して、JTはこれまで数々の海外M&Aを行い、今では売上の6割が海外シェアとなっています。

アメリカや日本などの先進国では喫煙率が一様に下がっているが、東南アジア、中米、アフリカなどの新興国ではまだまだ喫煙率が高いので、JTはこれらの国の市場開拓に力を入れています。

新興国の喫煙率はすぐに下がらないが、今後これらの新興国が発展して今の先進国と同じように健康志向になることが大いに予想できます。10年や20年のスパンで考えると、JTはそれまでに本格的に事業の多角化を軌道に載せる必要があります。

最大の株主は日本政府である

なんと言ってもJTのバックに最大の株主である日本政府がついてます。たばこ関連税は毎年2兆円で国と地方の総税収の3%を占める割合になっています。政府はこんな美味しい商売を簡単に放棄するわけがありません

喫煙率は右肩下がりですが、下の図のように税収はほぼ横ばいです。なぜなら税収を減らさないために都度たばこの税を上げているからです。毎回数十円単位の増税なので、喫煙者をできるだけキープして税金を吸い上げるようにしています。まさに喫煙者が茹でガエル状態です。

つまり、JTは専売という特権と日本政府の後援という2つのキラーカードを使って、普通の企業にはない離れ業ができるわけです。

もちろん、喫煙率と増税には限界があり、投資家としてこの限界がいつ来るかを常にウォッチしておくべきです。

小まとめ
  • JTは高配当で株主優待もすてき
  • 市場独占だから営業利益率が高い
  • 財務的な数字が優良である
  • 成長する新興国市場を積極的に開拓している
  • 日本政府が背後で支えてくれる
スポンサーリンク

JT株を買うべきでない5つの理由

次にJT株を買ってはいけない5つの理由も紹介します。

長期的な下落相場である

ファンダメンタルズ的に優良であっても、株チャートのテクニカル的にあまりよろしくないようです。まず長期スパンの株価を見てみましょう。

2016年の高値以降今日に至るまでずっと下げ相場です。いくら高配当と言われても、株価の下げ率で簡単に配当分がぶっ飛んでしまいます。チャートだけ見るとあまりおすすめしたくない銘柄で、2010年の1,000円付近まで一直線で向かうようにも感じます。

ドルコスト平均法を使って、売買益プラマイゼロぐらいを目指して、あとは配当分だけ頂くという作戦が一番現実的かもしれません。いずれ今のところ劇的に株が上昇するような要素はありません。

新興国の政治情勢に影響されやすい

JTの2019年の通期決算は減収減益でした。減収減益になった原因は対新興国通貨の急速な円高です。JTの現在は6割が海外シェアで、しかも喫煙者の多い新興国が主な海外市場となっています。イランやトルコの通貨の下落が大きく数字に響いたようです。

新興国は政治情勢が不安定になる可能性が大きいので、これらの国の市場をメインに活動を行うJTにとって常に抱える悩みの種になりそうです。

ESG投資ブームで逆風になっている

みなさんESG投資を知っていますか?

ESG投資とは?

ESG投資とは、環境(Environment)、社会(Social)、および企業統治(Governance)にすぐれた会社に投資すること。

ESG投資の目的は、社会通念に反する企業を避けることで、長期的な投資リスクをさげるためである。

近年ESG投資が盛んになり、JTに限らず海外のたばこ会社の株価もこれが一因となって下落しているようです。今後投資するさいに従来の財務指標に加え、ESGリスクスコアも一応確認しておく指標となります。

米国ヤフーファイナンスでは、下図のようにあ各銘柄のESGリスクスコアを確認することができます。スコアは0かあ100のレンジで、0に近いほどリスクが低く、つまりESG的に優良であることを意味します。

「のれん」が時限爆弾になる可能性がある

みなさん「のれん」を知っていますか?

「のれん」とは?

ざっくり説明すると、のれんは、M&Aのときに支払う金額から買収される企業の純資産額を引いた分のことである。つまり、M&Aするためのプレミアム代金をのれんと考えれば分かりやすい。

日本の会計基準ではのれんは20年で償却するきまりとなっているが、JTが採用している国際会計基準(IFRS)では償却しなしなくてもよい決まりとなっています。つまり、IFRSを採用することによって、定期償却する会計基準よりも利益を多く見せることができます

しかし、買収した企業の財務状況によってのれんに本来の価値がなくなったとIFRSに判断されたら損失計上され、株価の下落を招くことになります。

要するに、JTの今後の会社業績次第で、「のれん」爆弾が突如爆発することもありえます

電子タバコの出遅れ

たばこによる健康被害が社会的な問題となり、多くの喫煙者は電子たばこを使いはじめています。国内市場ではアメリカのタバコ会社・フィリップモリスの「アイコス」がトップシェアとなっています。JTからも「ブルームテック」を販売しているが、まだまだアイコスに追いつけず苦戦しています。

小まとめ
  • JT株はテクニカル的長期な下落相場
  • 新興国の政治情勢に影響を受けやすい
  • ESG投資に向かない銘柄
  • 「のれん」による特別損失発生の可能性
  • 電子タバコの出遅れ
スポンサーリンク

条件付きならJT株を買ってもいいのでは?

ここまで、JTを買うべき5つの理由と、反対の買うべきでない5つの理由を紹介してきました。あなたならどうします?

私の場合、条件付きで買ってもいいとおもいます。

ここでいう条件とは、例え将来減配になったとしても5%の配当率までなら継続投資の対象としてもいいことにします。

正直、JTの株価の上昇はあまり見込めず、買ったときと売る時の株価がトントンぐらいで十分と考えています。テクニカル的にリバウンドする場面は絶対あるので、タイミングを見て売却したいです。今のファンダメンタルズだけで考えるなら10年以上持ち続けたいとおもう要素はありません。

スポンサーリンク

JT株を買うにはどの証券会社がいいのか?

小額・単位未満株を買うならSBIネオモバイル 証券

通常、株は100株や1000株単位で売買取引されます。株価が1,000円であっても、100株単位のときは、最低10万円を用意しないと買うことができません。

しかし、SBIネオモバイル 証券の口座なら、単位未満株(S株)を購入することができます。小額投資ができるだけでなく、限られた金額で細かなポートフォリオを組むことも可能です。

⬇️SBIネオモバイル 証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️SBIネオモバイル証券

手数料最安値水準で国内現物株を買うならDMM.com証券

株取引初心者なら最初は現物取引からはじめる方がほとんどです。DMM.com証券の現物取引の手数料は国内の証券会社の中で最安値水準となっています。

取引ツールにはノーマルモードと初心者向けのかんたんモードがあるので、パソコンやスマホでの操作になれていない方でも安心して使える仕様となっています。

⬇️DMM.com証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

口座数最大のネット証券で選ぶならSBI証券

SBI証券はネット証券の最大手で口座数も日本一となっています。オリコンランキングで5年連続で顧客満足度ランキング第1位を獲得しています。

現物株だけでなく、投資信託、海外株、IPO、NISAなど豊富な商品ラインアップを揃っています。初心者だけでなく経験豊富な投資家まで広く指示されています。

⬇️SBI証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

1日約定が50万円以下なら手数料無料の松井証券

松井証券なら1日の約定金額が50万円以下なら手数料が無料です。小額からはじめる初心者にはとてもうれしい無料サービスです。

初心者向けに株取引の仕組みやパソコン操作などの細かいことに対して電話でサポートしています。

⬇️松井証券の口座開設はこちらからどうぞ。⬇️

スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回は高配当株で人気のJT株を紹介しました。実際JT株への投資を検討しているさいに参考となる、買うべきと買うべきでないの各5つの理由を挙げました。

投資するさいは、高配当率や優待だけでなく、その企業が今後どのように成長していくのも考えてみるとより具体的な投資戦略を練ることができます。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました