通勤格差の時代がくる?在宅ワークがアフターコロナの新たな会社選びのポイントとなる!

転職
トモコ
トモコ

緊急事態宣言が解除されたね。また電車出勤の日々が始まったみたい。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

でも在宅ワークを恒常化する会社も出てきたよ。今後、新卒と転職者が職を探すときに在宅ワークができるかが重要な検討ポイントになりそう。

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 ポイント
  • 在宅ワークが新たな会社選びのポイントになる
  • 在宅ワークは労使ともにメリットがある
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

在宅ワークが新たな会社選びのポイントになる

在宅ワーク有無が明確なブラック会社基準となる

ブラック会社は従業員を監視、支配して、絞れるだけ絞って利益を出す企業体質です。緊急事態宣言が出されているにもかかわらず出社を強要する会社も多かったです。

一部の業種を除いて、基本的にオフィスワークは在宅で完結できる業務ですが、それでも毎日出勤をさせる会社は間違いなくブラック会社のレッテルを貼られることでしょう。

これまでのブラック会社の基準に、長い拘束時間、残業代不払い、上司のパワハラ、飲み会などの時間外高速などがありましたが、これらに加え、在宅ワーク不可が新たなブラック会社を判断する基準になりそうです。

オフィス出勤必須の会社は淘汰される

必要以上にオフィス出勤を強要する会社は間違いなくこれからどんどん淘汰されます。在宅ワークができないだけで求職者が減り、業務を継続できる人材は集まらないので、こういった頭がシーラカンスの会社は自然に潰れていきます。

在宅ワークを導入することで、業務の効率化や無駄な経費の削減などの明らかなメリットがあるにもかかわらず非合理的な旧態を維持する会社は自ら破滅の道に突き進むようなものです。

企業の常時在宅ワーク宣言合戦が始まっている

コロナウイルスの収束で緊急事態宣言が解除されたが、在宅ワークのメリットに気づいた会社はむしろ在宅ワークを常時化する動きが出ています。

これまでに常時在宅ワーク宣言を出した会社を紹介します。このように時代の空気を敏感に感じ取れる会社は今後も生き延びれます。

ツイッター

ツイッター、従業員の永久的な在宅勤務継続も可能に-コロナ収束後
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を手掛ける米ツイッターは、新型コロナウイルスの感染拡大が収束して保健衛生当局が職場への復帰を認めた後も、同社従業員に在宅勤務の継続を認める方針を示した。

GMO

在宅勤務、なぜいち早く導入?GMO熊谷社長が明かす決断の舞台裏
 GMOインターネットは2020年1月、新型コロナウイルス感染症対策で在宅勤務を導入した。大手企業の中でいち早い決断だった。事業継続に向けた準備と訓練が奏功し、業務生産性はほとんど下がっていないという。世界的な災禍の半面、従来の非効率を見直しITによる変革を促す好機にすべきと訴える。

富士通

富士通、在宅勤務を継続 出勤率25%に
富士通は25日、緊急事態宣言が全面解除された後も、オフィスへの出勤率を最大25%に抑えると発表した。社員の出勤を必要最低限にとどめ、原則在宅勤務を継続する。顧客などとの対面での面談や打ち合わせについ

日立製作所

日立 在宅勤務を標準へ コロナを機に新たな働き方に転換 | NHKニュース
【NHK】政府の緊急事態宣言は全国的に解除されましたが、日立製作所は今後も在宅勤務を標準とした、新たな働き方に転換する方針を明らか…

通勤格差で社会格差がさらに拡大する

まず間違いなく言えることは、これからの通勤は働く人にとってデメリットでしかありません。

コロナウイルスは収束したが、ワクチンの開発と流通が本格的になるまで第2波の発生も考えられます。密封空間の電車で長時間にいるのは極めて感染リスクが高いです。また、電車に乗るだけで常に周りを気にしないといけなく、精神的負担も大きいです。

また、通勤という行為は非生産的で、時間・自由・お金の無駄遣いでしかありません。個人だけでなく社会全体の損失です。インターネット以前の時代では仕方なかったが、今の通勤はもはや古い時代の名残り、習慣で惰性で継続しているだけです。

通勤するだけで、個人の幸福感が減り、さらに経済的な機会を奪われるので、通勤は新たな社会格差となります。

小まとめ
  • 在宅ワーク有無はブラック会社の選別ポイントになる
  • コロナ収束後も在宅ワークを継続する会社が増えている
  • 通勤格差は新たな社会格差となる
スポンサーリンク

在宅ワークは労使win-win

約2ヶ月の自粛活動は在宅ワークの絶好なテスト期間でもありました。ツイッター社が永久的な在宅ワークの導入に踏み切った理由の1つとして、在宅ワークでも業務に支障がないことを確認できたとコメントしています。克服することはもちろんありますが、それよりも在宅ワークのメリットははるかに大きいです。

企業側のメリット

通勤手当の削減

通勤の必要性がなくなったので通勤手当分の経費削減ができます。日立のように在宅ワーク手当て(電気代、通信代など)を代わりに支給する会社もあります。

残業手当の削減

今までオフィスにいるだけで残業代が発生したが、在宅ワークの今では残業承認をちゃんと行わないと残業が難しくなりました。つまり、生活残業のような無駄な残業をしにくくなりました。

残業代が減って困る人も多くいるかとおもいます。しかし今は社会全体の過渡期で、いずれほとんどの会社がジョブ型雇用に移行することで、能力に応じた適切な給与を支払うことにはなります。

オフィス賃料の最小化

もはや都心に大きなオフィスフロアを構える必要はなくなりました。会社は常時いるところではなく、時折に行う社員間コミュニケーションの場所になります。

ジョブ型雇用への移行

在宅ワークでより個人の役割が重要となります。今までみんなが一箇所にかたまり、お互いに補いながら1つの仕事をしてきた傾向があります。これからは個人の責任で仕事を完結しないといけません。つまり、各自に割り当てられたジョブを遂行できるような勤務形態になっていくと考えられます。

したがって、日本もいずれアメリカなどの諸外国のようなジョブ型雇用に移行していきます。こうすることで、無駄なヒューマンリソースを削減できます。

労働者のメリット

通勤時間の削減

首都圏なら片道1時間、毎日2時間の通勤はそんなにめずらしいことではありません。この時間を削減するだけでどれだけ人生に有意義かは説明するまでもありません。

削減した時間を自己啓発に活用できれば違った未来を見ることができます。間違っても電車内でやるようなスマホゲームをしてはいけません。

感染リスクの低下

電車は密封空間であるため感染のリスクが大きいです。通勤するだけで感染のリスクに晒されます。

人間関係ストレスの低減

会社は大勢の人が集まる場所でどうしても苦手な人はいます。でも在宅ワークならそのような人と必要以上な関わりを持たなくなるので人間関係からくるストレスを低減することができます。自殺の原因トップは人間関係で、コロナ自粛最中の自殺数が激減したのはその証左です。

また、仕事後の飲み会の付き合いもなくなるので、他人に対する余計な気遣いをすることもなくなります。

家賃の削減

出勤のために都心に住む人も多いです。しかし、在宅ワークが可能となるとわざわざ家賃の高いところに住む必要もありません。家賃の安い地方都市、田舎に移住することで可処分所得が増え、実質的な収入アップにもなります。

時間の有効活用

在宅ワークとジョブ型雇用が進むと勤務時間という概念はなくなります。業務を効率化できる人は、余った時間で副業や勉強に使えるようになります。もし副業で成功できるなら、ダブルワークで収入倍増も可能です。さらに成功すれば、副業が本業となり本格的にコミットすることもできます。

これからの時代は、時間を制するものに未来があります。成功の前提条件に在宅ワークがあります。

小まとめ
  • 在宅ワークは労使双方にメリットがある
  • 在宅ワークをうまく活用して明るい未来がくる
スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回は在宅ワークが会社選びの新しいポイントになるという話でした。コロナウイルスが収束しても在宅ワークを継続する会社は多くあります。理由は簡単で、在宅ワークは労使双方に多くのメリットがあるからです。古い自体の習慣をいつまでも死守する会社は、時代の変化とともに消えていく運命となることでしょう。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました