【脱自宅プリンター】LINEによるネットワークプリント活用術

節約ネタ
トモコ
トモコ

プリンターってあまり使われないくせに場所取りだよね。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

ペーパーレス化が進んでいるから以前ほど使わなくなった。たまにしか使わないならネットワークプリントの方がコスパいいね。

この記事では次のような疑問に対して答えていきたいとおもいます。

Questions
  • 自宅プリンターを買う必要があるか?
  • ネットワークプリントとはどんなサービスか?
  • ネットワークプリントの利用方法を知りたい。

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 ポイント
  • 今の時代は自宅プリンターの必要性は低い
  • 印刷した書類をネット転送、コンビニでプリントアウト
  • LINEを使ったネットワークプリントの方法を紹介
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

LINEによるネットワークプリント活用術

まだ自宅プリンターで消耗してるの?

一昔前では、自宅プリンターはパソコンの周辺機器として人気のアイテムでした。それまで会社やコンビニでしかコピーできなかったが、自宅で好きなだけプリントアウトできたのが消費者にとってウケがよかったようです。

しかし、ペーパーレス化社会になりつつある今では、以前ほど紙に打ち出す機会も少なくなりました。徐々に人々は自宅プリンターはもう必要なものではないと感じ始めています。

自宅プリンターにはデメリットがいっぱいです。例えば、

  • プリンター本体の購入
  • 用途に合わせた用紙の購入
  • カートリッジの交換
  • 場所取り

ネットワークプリントという選択

私の場合、あまりにも自宅プリンターを使う機会がないため、数年前に自宅プリンターを処分しました。おかげで机の作業面積が増え非常に快適に作業できるようになりました。

しかしながら、いくらペーパーレス化になっているとはいえ、たまにプリントアウトをしないといけないこともあります。そんなときはネットワークプリントを活用しています。

ネットワークプリントとは、PCやスマホ内の書類データをインタネット経由でネットワークプリントサービスのサーバに転送して、最寄りのコンビニでプリントアウトするサービスです。都会なら、至る所にコンビニが点在しているので利便性はとても高いです。

私がよく利用するネットワークプリントサービスはこれです。⬇️

ネットワークプリント|パソコン・スマホから登録、コンビニで印刷
ネットワークプリントは会員登録無料。パソコンやスマホから文書や写真を登録して、コンビニのコピー機でかんたんにプリントできるサービスです。全国のコンビニシェアNo.1!!24時間いつでもどこでも印刷できます。

このサービスが対応しているコンビニとプリント種類は以下のとおりです。

セブンイレブンに対応しているネットワークプリントサービスはnetprintです。

全国のセブン‐イレブンでいつでも簡単プリント ~ネットプリント~
スマホやパソコンの書類、PDF、写真をセブン‐イレブンのコピー機でプリントできます。ユーザー登録なしで、簡単に使えます。

プリント料金表はコンビニごとでことなるのでネットワークプリントサービスのページで確認されるといいです。例としてファミマの料金表を載せます。

ネットワークプリントの利用にあたってユーザ登録は必須ではありません。また、スマホユーザならLINEを使ったプリントも簡単にできます。このやり方についてのちほど紹介します。

コスト比較 ネットワークプリント VS 自宅プリンター

では、ネットワークプリントと自宅プリンターの年間コストの比較をしてみましょう。

比較の条件を次のように設定します。

  • A4白黒 50枚/1年
  • A4カラー 10枚/1年
  • L判写真プリント 10枚/1年
  • ハガキプリント 10枚/1年

ネットワークプリントサービスのコスト試算

それぞれのプリント料金は次のようになっています。

  • A4白黒 20円/1枚
  • A4カラー 60円/1枚
  • L判写真プリント 30円/1枚
  • ハガキプリント 70円/1枚

したがって、ネットワークプリントサービスを利用したときの年間コストは、2,600円です。

自宅プリンターのコスト試算

次に自宅プリンターを使用したときの年間コストを試算してみます。

自宅でプリントアウトするには次のようなアイテムを購入する必要があります。なお、パソコン周辺機器の減価償却期間は5年なので、紙類の消耗品は5年分として計算します。

プリンター(A4白黒とカラー、L判写真、ハガキ対応)➡️22,000円

対応カートリッジ➡️5,210円

A4白黒印刷用紙250枚➡️583円

A4カラー印刷用紙50枚➡️682円

L判写真印刷用紙50枚➡️672円

ハガキ印刷用紙50枚➡️329円

上記のコスト合計は29,476円です。したがって、自宅プリンター利用の場合の年間コストは5,895円となります。
今回の使用条件では、自宅プリンターはネットワークプリンターサービスの2倍以上のコスト見積もりとなりました。

LINEによるネットワークプリントの利用方法

では、LINEを使ったネットワークプリントの利用方法についてステップバイステップで解説します。非常に簡単で便利なのでぜひ使ってみてください。

  • Step1
    ネットワークプリント公式アカウントの友達追加

  • Step2
    印刷書類をLINEで送信

    プリントしたい書類を開いて公式アカウントにファイル送信します。

  • Step3
    印刷の設定

    用紙サイズやページ指定などの印刷設定を指定します。

  • Step4
    ユーザー番号の確認

    送信した書類が無事にサーバーに登録できたら、コンビニプリンターに入力するユーザー番号が発行されます。

  • Step5
    コンビニでプリントアウト

    実際にローソンのプリンターの操作パネルを使ってプリントアウトする手順をおみせします。

    ここでLINEで確認したユーザー番号を入力します。

    さらに細かい設定をこの段階で行います。

    プリント完了です。

スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回はネットワークプリントサービスを紹介しました。

ペーパーレス化がますます我々の生活に浸透しています。従来のような紙への打ち出しする機会も少なくなったので自宅プリンターの使用頻度も極端に低下しました。あまり使用しないプリンターをいつまでも持っているのはあまり賢い選択ではなくなっています。

そこで、もっとコスパのいい方法として、ネットワークプリントサービスを活用するのはいいかもしれません。必要な時に、必要なだけ利用するのは実に現代のライフスタイルに合っています。物を所有すること自体に価値がなくなっている1つの例ですね。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました