【2020年改正】青色申告特別控除で65万円控除を受けよう!【確定申告e-Tax】

税と社会保険
トモコ
トモコ

2020年分の青色申告の控除額が65万円から55万円に減っちゃうの?

元NTTリーマン
元NTTリーマン

法改正でそうなる。しかし追加条件をクリアすれば65万円のままだよ。追加条件もそんなに難しくないのでぜひやっておこう!

この記事では次のような疑問に対して答えていきたいとおもいます。

Questions
  • そもそも青色申告のメリットって何?
  • 2020年からの改正内容は何?
  • 65万円控除を受けるための追加条件は何?

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 ポイント
  • 青色申告をすることで個人事業主の税負担が軽くなる
  • 法改正で控除額の種類が2つから3つになった
  • 65万円控除を受けるには電子申告か電子帳簿が必要
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

青色申告特別控除とそのメリット

そもそも青色申告って何?

青色申告は確定申告をする方法の一種です。確定申告は1年間の収入に対する納税額を確定して国に申告する作業です。サラリーマンの場合、年末調整という略式的な方法があるため、あまり確定申告する必要はありません。しかし、年末調整でカバーできない医療費控除や初年度の住宅ローン控除についてはサラリーマンでも確定申告しないといけません。

青色申告は開業している事業者が使える申告方法です。青色申告ではめんどくさい「複式簿記による帳簿作成」が必要条件です。きちんと帳簿をつける代わりに特別に税控除を受けることができる。

青色申告のメリットとして次のよおうなものがあります。

  • 税控除
  • 3年間の損益通算
  • 30万円未満の固定資産を経費計上できる
  • 家族への給与を経費計上できる

一方、白色申告にはこれらのようなメリットはないため、フリーランスや個人事業主は青色申告をした方が断然お得です。

青色申告をするための条件

青色申告をするためには、開業届と青色申告承認申請書を所轄の税務署に提出する必要があります。

1月15日までに新規開業した人は、青色申告する年の3月15日までに申請書を提出する必要があります。また、1月16日以降に開業した人は2ヶ月以内に申請書を提出することとなっています。

実際、開業届は申請書とセットで提出するのが一般的です。

サラリーマンの副業でも開業できます。一応、開業の条件は「継続性があり相応の人力や設備を投資している」となっていますが、副業が事業に該当するかどうかの判断は税務署なのでダメ元で申請することをおすすめします。サイトによってはサラリーマンの副業は事業として認められないと書かれていることはあるが、実際そんなこともなかったりするので、申請してみることが一番早いです。

小まとめ
  • 青色申告は事業所得のある人が使える申告方法
  • 青色申告をすることで税控除などのメリットがある
  • サラリーマン副業でも青色申告が可能
スポンサーリンク

2020年の改正内容とMAX65万円控除の条件

2020年の申告分から青色申告の内容が変更となりました。従来の申告方式では控除額が減ることになります。しかし、追加の条件をクリアできれば元の65万円控除を受けることができます。

改正① 控除額が65万円から55万円になる

2020年分(2021年3月申告)の確定申告から、従来の65万円の控除額が10万円減って55万円になります。

青色申告の控除は、いわゆる一種のバーチャル経費です。デフォルトで10万円の経費が少なくなるのでその分の所得税も増えます。

改正② 追加条件で控除額が最大65万円になる

改正で控除が10万円減りましたが、追加条件をクリアできれば元の65万円控除をすることができます。

追加条件は以下の2つで、どれか1つをクリアできれば大丈夫です。

e-Taxでの申告

e-Taxはインターネット利用による国税に関するシステムです。e-Taxを通して青色の確定申告を行えば最大65万円の控除を受けることができます。

e-Taxを使うには、さらに2つのオプションがあります。

マイナンバーカードの利用

マイナンバーカードにによるe-Tax利用では、マイナンバーカードの読み取りのためのICカードリーダやスマホが必要です。

次のICカードリーダは、WindowsとMacの両方に対応しています。

ICカードリーダとして使えるスマホはAndroidのみです。またその時にピアリングできるのはWindowsパソコンのみという条件があります。

スマートフォンをICカードリーダライタとして利用するためにはどうすればよいのですか。|e-Tax
問 スマートフォンをICカードリーダライタとして利用するためにはどうすればよいのですか。
IDとパスワードの利用

IDとパスワードの方式は、税務署で本人確認する必要があります。マイナンバーカード方式を使えない人は、めんどくさいですが直に税務署でIDとパスワードの発行をしてもらうことになります。

帳簿の電子データとして記録

もう一つの追加条件は、帳簿を電子データで記録することです。こちらの方法は領収書をスキャンしたり、前もって税務署に申請もしないといけないのでe-Tax申告よりは手間がかかります。

小まとめ
  • 2020年改正で控除額が10万円減った
  • 追加条件クリアで65万円控除が可能
スポンサーリンク

青色申告をスムーズに行うには?

弥生会計

自動化で確定申告をラクにできるクラウド会計ソフトです。下のバナーから申し込むと1年間無料でお試しすることができます。

スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回は青色申告について紹介しました。2020年の申告分より従来の65万円控除額が55万円となります。しかしながら追加条件をクリアすることで元の65万円控除を受け続けることができます。

フリーランスや個人事業主はもちろん、サラリーマンで副業をされている人もぜひこのお得な控除制度を利用して節税しましょう。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました