ブログのGoogle AdSenseが1日で審査通過!申請から広告の設置まで解説

ブログ運営
トモコ
トモコ

Google AdSenseの審査通過おめでとう!パチパチ

元NTTリーマン
元NTTリーマン

審査結果が出るまで2週間ぐらい見積もったが、予想を反して1日で審査を通過した。ブログの収益化に向けて1歩前進。

トモコ
トモコ

審査通過の時間が人によってかなり違うがどうしてだろう?

元NTTリーマン
元NTTリーマン

理由はさすがに中の人でないと分からないが、1日で審査通過した自分の場合については紹介できるので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事では次のような疑問に対して答えていきたいとおもいます。

  • 今からGoogle AdSenseを申し込みたいが審査までの時間や手順を知りたい
  • Google AdSenseを申し込んだがなかなか連絡がこないのはどうしてか?
  • Google AdSenseの審査に落ちたが何が悪かったのか?
  • Google Adsenseの審査申し込みから広告の設置までの手順を知りたい

まず、結論となるポイントを先に記載しておきます。

 ポイント
  • Google Adsenseの審査時間は最大3日だがもっと長いかも
  • 審査を通過するためのチェックポイントを見直そう
  • 審査申し込みから広告設置までの手順をお見せします
元NTTリーマン
元NTTリーマン

では、以上のポイントについて詳しく紹介していきますので、ぜひ最後までこの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

Google AdSenseの審査の申し込み

ブログの収益化はやはりブロガーにとって大きなモチベーションにもなります。ブログだけで生活できるのは結構難しいですが、月に5万、10万を稼げれば生活に余裕も出てくるでしょう。また投資や他の副業と組み合わせて収入源の1つとなればたとえアーリーリタイアしても貯金を取り崩すことはありません。

では、ここで実際に私がGoogle AdSenseを申請したときの流れについて紹介します。

Google AdSenseの審査時のブログ状況

今回、私の例ですと申請して約1日でGoogleから審査合格通知をいただきました。まず私がGoogle Adsenseを申請した時点のブログの状況について整理したのでご参考にしてください。

ブログ開設日 2020年4月5日
ブログ設置サーバ
WordPressテーマ Cocoon
ドメイン 独自ドメイン
Google Adsense申請日 2020年4月22日
Google Adsense審査通過 2020年4月23日
申請日時点の記事数 14記事
記事の平均文字数 5423文字(最高9362文字・最低2348文字)
申請時の広告 各ページにアフィリエイト広告数カ所
プロフィール あり
プライバシポリシー あり
免責事項 あり
お問い合わせフォーム あり
サイトマップ あり

ブログ開設からGoogle AdSense申請までのブログアクセス状況は以下のとおりです。

Google AdSenseの審査基準の確認

申請する前に噂も含めてネットからGoogle AdSenseの審査基準について調べ、それらの要件を満たしてるかを確認しまいた。私が参考した要件は以下のとおりです。

記事数が足りているか?

最低20記事という情報もありますが、私の場合では14記事で審査に合格しました。補足すると13日間に14記事を書いたので、継続できるブログをGoogleにアピールしたつもりでした。

記事の文字数が足りているか?

極端に短い記事は難しいかもしれないので、最低でも1,000文字はほしいところです。

コピペ記事か?

他人のコピペは簡単にバレてしまうのでオリジナルの記事を書きましょう。

記事に企業名が入っているか?

入っていると審査が通りくいとの情報もあるが、私のブログでは株式銘柄を紹介する記事では企業名が入っているが大丈夫でした。

アフィリエイトリンクがあるか?

あると審査が通りにくいとの情報もあるが、私の場合では大丈夫でした。

暴力、性的などのコンテンツがあるか?

著作権侵害につながる画像や動画はあるか?

オリジナルかフリー素材を使いましょう。

必要なブログ情報はあるか?

プロフィール、プライバシーポリシー、お問い合わせフォームなどを掲載しましょう。

Google AdSenseの審査の申し込み手順

Google AdSenseの申請手順を次の5ステップで解説します。

  • Step1
    Google Adsenseへログイン。
  • Step2
    サイトの追加
    Google AdSense広告を貼りたいサイト(ドメイン名)を指定する。

  • Step3
    審査コードの取得
    Googleに広告の審査をしてもらうため、ブログに貼るAdSenseコードを取得する。
  • Step4
    ブログへの審査コードの貼り付け
    Cocoonの場合、Cocoon設定の「アクセス解析・認証」タブにある「ヘッド用コード」テキスト欄に審査コードを貼る。貼り付け後ページの一番下にある「変更をまとめて保存」を押下する。

  • Step5
    審査通過の連絡待ち
    無事に審査を通過したらGoogleからお知らせのメールが届く。
小まとめ
  • Google AdSenseの審査基準を確認してから申請しよう
  • 審査に通過したらメール連絡がくる
スポンサーリンク

Google AdSenseの審査を通過したあと

無事に審査に合格したらさっそくブログに広告を貼ってみましょう。その前に2つの前作業をしなければなりません。

審査通過後にすぐにやるべきこと2点

審査コードの削除

審査合格後では審査コードが不要となるので削除しておきましょう。

ads.txtファイルのアップロード

審査後Google AdSenseにログインすると次のような注意メッセージが表示されます。広告詐欺を防ぐためads.txtをブログサーバーに設置した方がいいです。詳しくはAdsenseヘルプで確認してください。

まずads.txtをローカルコンピュータにダウンロードします。

次にブログサーバーにログインします。私はConoHa WINGを使用しているので、ConoHa WINGでのファイルアップロード方法を紹介します。

ConoHa WINGにログインしたらトップページにある「ファイルマネージャー」を開いてください。

ファイルマネージャーのページでは、まずads.txtをアップロードするディレクトリを選択して、ads.txtファイルをアップロードします。


ads.txtをアップロードしてから最大48時間後にGoogle AdSenseの注意メッセージが消えます。

Google AdSense広告の設置手順

では、いよいよGoogle AdSense広告をブログに貼ってみましょう。

  • Step1
    広告ユニットの作成
    3種類の広告ユニットはありますが初心者なら推奨のディスプレイ広告を選ぶ。

    広告サイズはブログのレイアウトに合わせて自動的に調整してくれるレスポンシブを選ぶ。

  • Step2
    広告コードのコピー
    ブログに貼り付ける広告コードをコピーする。

  • Step3
    ブログに広告コードの貼り付け
    コピーした広告コードをブログに貼り付ける。Cocoonの場合、広告コードを貼り付ける場所は「Cocooon」➡️「広告」➡️「広告コード」。広告コードを貼り付けるさいにエラー回避のため下の写真のように<script>タグを消す。

  • Step4
    広告の種類と場所の設定
    広告の種類と貼り付ける場所を決める。ここにあるパラメータをいろいろ試してみよう。どのような種類の広告を選んで、どこに貼ればいいのかを分からなかったら自分が気に入っているブログのマネからはじめよう。

    すべての設定が終了すると、ページの一番下の「変更をまとめて保存」を押す。

小まとめ
  • 審査通過後に審査コードをサーバから削除する
  • 審査通過後にads.txtをサーバにアップロードする
  • 広告の種類と貼る場所をいろいろためしてみよう
スポンサーリンク

Google AdSenseに関する書籍

個人的に読んでためになったGoogle AdSense関連の本を紹介します。ぜひ参考に読んでみてください。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

元Google AdSenseの社員が書かれた本です。初心者から中級者向けにGoogle AdSenseの基本から実例まで丁寧に解説しています。最初の1冊として読んでおいて損のない本です。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

AdSense審査がどうしても通過できない理由と対策について詳細に書かれています。万全を期して申請したい人におすすめです。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

いわゆるGoogle AdSenseの教科書的な本で、基本から体系的に学び、中級者以上をめざしたい人が読むほんです。これからがっつり稼ぎたいならはずせない1冊です。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

Google Adsenseメインの本ではないが、ブログで生計を立てたいと考えているならこの1冊を読んで著者の体験を知っておきましょう。

スポンサーリンク

私がおすすめのレンタルサーバー

ブログで稼ぐにはSEO対策が不可欠です。ブログのサーバーのレスポンスが遅いとユーザビリティが下がりSEO的に低いスコアになってしまいます。このため、一般的にブログで収益化したいのなら無料ブログよりも有料サーバーを使った方がSEO的に有利となっています。

有料サーバーにもたくさんの種類があって、現時点ではConoHa WINGが国内最速を誇っています。さらに、ConoHa WINGなら独自ドメインも取得・更新が無料となっています。ドメインの取得と維持だけで年間1,000円以上もかかるところを考えればConoHa WINGはとてもお得なプランです。独自ドメインの使用もSEO的にプラスなので絶対に必要です。

ConoHa WINGの月額利用料は、3年契約のベーシックプランなら1,200円ですが、今はキャンペーン中で33%OFFの800円です。

ブログで収入を増やしたいなら月800円程度の投資はとても安いです。最近では、多くの有名ブロガーもSEO強化のためConoHa WINGに乗り換えているようです。これからレンタルサーバーの契約を考えているようでしたらぜひConoHa WINGを考えてみてください。



スポンサーリンク

本記事のまとめ

今回は、私が実際に1日でGoogle AdSenseの審査を通過した経験をもとにGoogle AdSenseの申請から広告の貼り方までの方法を解説しました。

Google AdSenseの審査を無事に通過するにはいくつかの確認事項があります。それらを全部クリアしなくても通過できるのも事実だが、少しでも不安要素を消すには申請前に十分な準備が必要です。

審査を通過したらすぐに広告をブログに貼ってみましょう。今回は私が使っているConoHa WINGというレンタルサーバーとCocoonという無料のWordPressテーマを使って広告の設定方法を実際にお見せしました。

元NTTリーマン
元NTTリーマン

最後までご覧いただき大変ありがとうございました。TwitterやYoutubeもやっていますので、ぜひフォローとチャンネル登録をお願いします。また、この記事が役に立ったと感じたらSNSでの拡散もしていただけると今後の記事執筆の励みになります!

この記事を書いた人
元NTTリーマン

こんにちは、元NTTリーマンです。今は外資でエンジニアとして働いています。最近サラリーマン業1本はとてもリスキーであることを悟り、副業と投資で人生のリスク分散をはじめました。会社勤めしながらギリギリで富裕層(資産1億)に滑り込むことをめざしています。詳細プロフィールはこちら

元NTTリーマンをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました